スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

宝塚へ。

16日の出来事。

関西に来たからには、行きたいところ。

大阪城。
造幣局の桜。
宝塚。
よしもと(東京にもあるけど)。
甲子園。
道頓堀。
天橋立。
海遊館。
東洋陶磁美術館。

もうすぐ大阪に来て1年経つけれど、
まだ大阪城、甲子園と海遊館にしか行っていない。

友人に誘ってもらい、
兵庫県主催の子どもの為の宝塚公演に、
長男を連れて、行ってきた。
(3才からなので次男は託児所へ)

宝塚!
なんて素敵な街並み!
ディズニーランドみたいに完成された、
アミューズメントパークのような雰囲気!
写真取るの忘れたけど、可愛い建物たち!

今回は、花組。
なーんと、蘭寿とむさんの退団公演!
「ラスト.タイクーン」と、「無眩」

なーんにも知らないで来たけれど、
中々、貴重な演目を観ることができたみたい。

とは、いえ、、。
公演は、息子は夢中で観ていたけれど、
何しろ好奇心旺盛な3才児。
全てを大声で、これまた、私の遺伝か?!
滑舌は悪いのに、よく通る声。
たちまち別室に案内された。笑!

康介は、放送室のような、隔離された部屋に通された途端に、舞台への興味は失われたようで、
暗闇での遊びに興味は移行。
まあ、仕方ないなあー、と、
同じように隔離された親御さやをたちと共に、夢中で舞台を観る。


写真は大劇場前の正面階段の前で、
初めて触る双眼鏡に夢中な康介。




次男を迎えに行った後で。


結論。
友人は、江戸博勤務時代の人で、
宝塚に魅せられて、宝塚に移住してしまった人。
気持ちは、よくわかるくらい、宝塚は魅力的。

今度は長男も託児に預け、
安い席でも良いから、世界を、舞台を、堪能したい!
リベンジするぞー!!

スポンサーサイト

2014.02.18 | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

小平珠恵

Author:小平珠恵
陶芸家

陶歴 
文化学院芸術専門学校卒業
加藤卓男・加藤幸兵衛 師事
出石トリエンナーレ入選

現在、子育てに奮闘中。
子育てを通じてさまざまな発見があり、楽しい日々を過ごしてます。

《お問い合わせ》
jyuko_kama@yahoo.co.jp

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。