スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告


20090131231031



さて、なんでしょう。

なんて。。

電気窯の中です。
内側はこんな感じです。
電熱線が煉瓦の内側に張り巡らされてます。


20090131231033


20090131231035








窯は炊飯器みたいなもの。
電気ジャーは手軽だけど、均一。
ガスの鍋で炊くとオコゲができるように、味わいや面白味がある。

電気よりガス窯、ガスより灯油窯、灯油より穴窯や薪窯。。。



自然に近い方がより味わい深く仕上がるということは、
陶芸が『土』。
つまり、自然のものだということを再認識させてくれます。
薪窯焼成は、自然と向き合える、
火の神さまと対面できる、またとない機会なのです。
陶芸家は大変な消耗と引き換えに、最高の時間を過ごせます。
この時間ほど、陶芸をやってて良かったと思う時間はありません。
(少なくても私は)

久しぶりに、薪窯を焚きたいなあ。
今春は薪窯焚きに行こうかなあ!!

スポンサーサイト

2009.01.31 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

繰返し繰返し


20090125164154

私は陽の明るさや影の強さ、風匂いや、花に季節の訪れを教えられる。

20090125164157

花。

毎年、多少のタイミングのズレこそあれ、必ず、ちゃんと咲く花たち。

毎年、繰返し。繰返し。

すごいなぁ。

毎日、毎年。
繰返し繰返し。

信じて、繰返すこと。
それが一番の力。

20090125164159

2009.01.25 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

終わりました

浦安のギャラリー、どんぐりころころでの企画展「鬼と遊ぶ」 展が終了しました。

http://members.jcom.home.ne.jp/donkoro/index2.htm


去年の『ときの忘れ物』展から今日まで約2ヶ月。
オーナーさんにはずっとご迷惑をかけっぱなしで失礼しました。
ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

今日は搬出後、オーナーと搬出に来た作家さんたちと、ギャラリーにて一杯やりました。



話題は『ものづくりの国、ニッポンはどこへ行く』

農家が専業では暮らすのが大変だったり、
伝統芸能継承者がそれだけでは暮らすのが大変だったりするのは、おかしくないかと。

私はものをつくる人間だから、伝統芸能や、良いものを大事にしたい、
育てたいという感覚は、並みにはあります。
でもこれを同世代の人に伝えるのは中々難しくて困ります。

今の世の中、百均で雑貨はすべて揃うし、それを否定する気は毛頭ないのです。
私も百均大好きだし。
だけど、自分の作品購入云々はさておき、
何かしら、どこかに余裕を持って生活して頂ければと思うのは、傲慢なのでしょうか。。。

日本の自給率の低さがすべてを物語るように感じます。
難しいことは分かりませんが、ものの『ぬくもり』、人の『ぬくもり』。。

『ぬくもり』の大切さを伝えたいと
再確認した今日の酒会でした。



今回、見に来てくださった方、ありがとうございました。
次回は少し時間が開きますが、
6月にギャラリーFALLにて個展を、
7月にギャラリー恵風にて2人展を行います。

頑張って製作しますから、見に来て下さいね(*^^*)

2009.01.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

蝋梅・椿・梅・木瓜・・・

20090122224210


寒いな。
でも空気が澄んでいて美しい。
寒いとあったかくなる。
ちょっとかさついてた私の心もほっこりする。。

20090122224208


蝋梅、椿、梅、木瓜。。。

いつの間にやら。
冬の花があちらこちらで、殺風景な庭に彩りを添えていた。
(とはいえ新春の花だから季語は春?)

寒い日ほど美しさが増すように感じる、冬の花たち。
木に直接咲く花だからかな。とても小さい花なのに、芯が強く、美しい日本女性を連想する。

源氏物語誕生千年ということで、
あちらこちらで源氏物語を取り上げてるからというわけではないけれど、
あの物語に登場する女性たちを、美しい花に例えたところが、
物凄く創造力を掻き立てられて好き。
着物の色目や香の焚き合わせ等も。
なんと雅で美しい。

私は幼い頃から古事記好きということもあり、
色目や香りを想像して、うっとりとする変な妄想癖がある(笑)。

・・・そういえば、一時期染色家にもなりたかったっけ。

特にこの吉岡さんの著書を読んで、うっとりとしました。。。
http://www.jump.co.jp/bs-i/chojin/archive/120.html


話がそれましたが(笑)
梅、椿、蝋梅がなんとも言えずに好き。

寒さの中でも蕾がふっくらと膨らみ、一枚、また一枚とほころぶ。
開きだす。
なんともいえない空気を纏い、人間には作り出せない完璧な美がほころぶ瞬間。

・・・うっとりする。
いいなあ、抗いようの無い完璧な美。



写真は雨に濡れた蝋梅。
色っぽいでしょ。
香りも濃厚で甘く、花に負けず劣らず色っぽいものですよ。
見掛けたら香ってみてください。

そういえば。
源氏物語に梅はでてくるけど、椿と蝋梅は出てきたかしら?

2009.01.22 | Comments(0) | Trackback(0) | 花日記

鬼追加~

20090121212626


ギャラリーどんぐりころころでの『鬼と遊ぶ』展に出品していた鬼が、
お陰様でわずかになったので、会期は24日土曜日までですが、
鬼を追加します!!


前回より高温で焼成したので、ちょっと固く焼き締まり、
そしてちょっとテカテカにしたので、、、、
少~しだけ強そう?になりました。

前回納品した鬼たちは、お菓子(麦こがしとか)のようで、
カリカリと食べてしまえそうでした(笑)。

20090121212628


でも。。。
相変わらず、ちょっと間抜け顔の鬼たちです(笑)。

2009.01.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 展示会情報

2月陶芸教室のお知らせ

2月の陶芸教室のお知らせです

☆2月7日(土曜日)
☆2月22日(日曜日)

多少定員に余裕があります。
ご興味がある方はお問い合わせ下さい。

詳細は以下にてご確認下さい。
http://jyukoh.blog60.fc2.com/blog-entry-15.html

2009.01.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 陶芸教室

1月の陶芸教室

不定期で行っている陶芸教室ですが、
今日、久方ぶりに陶芸教室を開催しました。

これは毎度ですが、お越しいただいた後、
皆様で軽いランチを食して頂き、
その後、思い思いの制作に取り掛かっていただきます。

今回は常連さんばかりの教室でしたので、
いつもにも増してお任せモードにはいってしまいました(苦笑)


20090112212745


☆今日のメニュー☆
 ・インドカレー
 ・六穀米
 ・朝取りクレソンのサラダ(叔父から朝取りを頂きました!!)
 ・ほうれん草のサラダ
 ・地元ピーターパンのブレッド


・・・こう書くと、今日はなんだか手抜きですねえ。
生徒の皆さん、すみませんでした(汗)。


さて。お腹が落ち着いたところで、いよいよ制作タイム。

今日は、教室を始めた当初から古河よりお越しいただいている生徒さんの轆轤デビュー!!
彼女はとっても感覚がよく、
不定期なのにも関わらずもう十分手捻りをこなすので、今回轆轤デビューとなりました♪
どうです?!
初めてとは思えない手つきでしょ?!(*^^)v

20090112212750


そして、他の生徒さんもそれぞれに、
絵付けやら釉薬掛けやら、制作やら、それぞれのペースで取り組んで頂きます。

20090112212747



友人からの『陶芸を教えて!』という言葉で始まった陶芸教室。
始めてから1年ほど経ちました。
元々は友人たちを教えることから始めたので、
生徒さんは口コミで来てくださってる方たちばかり。
其の上、私の都合で開催するという我侭な教室ですが、
回を重ねることに、私なりの楽しみを見出してきました。


生徒さんのお越しいただく理由として
・さまざまなストレスを抱え、来てくださる方。
・土に癒されに来てくださる方。。。。
・興味本位で来てくださる方

そんな生徒さんから、
夢や仕事や家族のこと、恋愛、結婚等々について
嬉しいご報告をいただけるようになりました。

大小さまざまあるのでしょうが、
それぞれの気持ちを抱え、みんな一生懸命に生きていらっしゃる。
おこがましいですが、陶芸を通じて、さまざまな方々とめぐり会い、
そして童心に戻って素直な気持ちや感覚を取り戻して頂きたいと。

また素直に陶芸の楽しさ、素晴らしさをお伝えできればと願ってやみません。

なんといっても、制作中の生徒さんの顔は真剣そのもの。
たとえ一度きりでも、
こおゆうもの、手段があると思っていただければと思うのです。


わが師匠、人間国宝・加藤卓男いわく、
自分の気持ち次第で青春を決められる。年齢ではない。とのこと。
とはいえ・・サミュエル・ウルマンの言葉なのですが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3


新年だからかな?
熱くなってしまたけど。
ずうずうしくも生徒さんに上記の心をお伝えしたくもあり教室を開催してますが、
逆に、最近は生徒さんから元気や勇気を頂くばかり。
本当にありがたく、私は恵まれた人だと感謝します。


人間は信念とともに若くあり、疑念とともに老いる。自信とともに若くあり、恐怖とともに老いる。
希望ある限り人間は若く、失望とともに老いるのである。(サミュエル・ウルマン)


さあ。私も初心に戻るといたしますか。
(そして、新年の抱負とさせていただきます。)

2009.01.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 陶芸教室

七福神巡り

高校時代の友人と、いつからか、ずっと巡っている七福神めぐり
今年も新年明けて4日に行ってまいりました。

しかし、七福神巡りの話を、周りの友人知人に話をすると、
初めて聞いた!という反応に、
『知らないなんてもったいない~!!』
と声を大にして叫びたくなる、新年の楽しい行事です。

なんといっても、歴史は古い!!

もともと「七福神」は室町時代(1338頃-1573頃)の末期からの民間信仰と言われていて、
江戸期に入り、幕府が人心を落ち着かせる政策の一つとして、江戸市中の各地に、
「七福神」をまつる神社・寺院を建てたことが起源だとか。

次第に、お正月に七福神めぐりをすると「七難即滅・七福即生」
(7つの災難が消え去り、7つの福徳を授かる)のご利益があるという信仰は庶民におよび、
江戸中だけでなく、全国に広まっていったそうですよ。

ちなみにご開帳は1月7日までだったり、15日までだったり、場所によって異なるようです。

http://www.tcbnavi.com/7fukujin/


今は厄年ということもあり、
(厄年の間は、同じ神社での参拝厄除けが正しいとか)
後厄の今年で3年目の日本橋七福神めぐり。

七福神は字のごとく、7つの神様にお参りするということですが、
場所により、7箇所だったり、5箇所だったり(1つ神社に社(神)が2つとか)。
その社を回るにかかる時間も日本橋のように1時間程度だったり6時間くらいかかったり。
地域、コースによって相当に変わります。

でも、長い時間歩くコースには、必ず美味しいものがあるんです♪
隅田川は、美味しかったな。
桜餅や言問団子、浅草に行けば屋台やら老舗のお店が軒を並べるし。
川越も美味しかったなあ。


日本橋はというと、オフィス街なので、
4日はまだしまっているお店が多いのです。
甘酒横丁なんか、美味しいものが立ち並ぶ通りだけど、
軒並みシャッターが閉まってます(涙)

しかし。。。
今年は、なにやら様子が異なる。
去年までは、神社も町並みも、どこもひっそりとしていたけれど、
なにやら例年とは異なる人の数。行列をなしてるし。
ひとひとひと。。。。

聞くと、コレ↓だとか

http://ginzanews.com/headline/4305/

さすが、老舗が軒を並べる日本橋!!
三越さんやら山本山さんやら栄太郎さんやら小津和紙博物館さん等々。
見覚え有る店名(社名)が入った半被をびしっと着込んで、丁寧に道案内をしてくださる。
どうやら三越さん企画によるイベントに参加すると様々な得点があったようですが、
私たちは相変わらずのマイペースでのんびり回りました。



それというのも、メインは小網神社での厄払い!!
小網神社は稲荷大神を主祭とし、
527年前に鎮座した歴史的に古いお社。

交通事故に遭いやすい私としては、
今回の厄年には事故に遭いたくないと、強力厄除神社を探したところ見つけたこの神社。
(ちなみに前回の厄は川崎大師だったけど事故に遭ったし。。怪我もしたし。。。)

すごいですよ。
この2年無事故無怪我ですから(苦笑)。
しかも、去年は大変充実した一年だったし。
太田道灌公の崇敬篤かったというから、其の効果は保障済み♪
お払いしたいことがある方は、是非オススメします!!

http://hachifukujin.ld.infoseek.co.jp/koami1.htm

きちんと厄除していただき、
嫌なことは振り払い、今年も良い年でありますように!!

2009.01.11 | Comments(1) | Trackback(0) | 日記

「鬼と遊ぶ」展

20090110173254

20090110173252

20090110173249


どんぐりころころにて『鬼と遊ぶ』展
今年最初の展示会に、作品を納品してきました。
鬼がテーマの展示会なのですが、そのままズバリ『鬼』を作りました(笑)

こうゆう人形?のような作品を作る機会はあまりないですが、楽しいですね。
そういえば、以前あった展示会でお雛様展も楽しかったな。

ギャラリーさんに着いて、お茶を頂きながら、
他のお客様とお話してる間に鬼が売れました。
ありがとうございます(*^^*)

お安めにお値段を設定したからか、家族人数分お買い上げ頂いたり…
家族の皆様で相談しながら選んで頂く光景を拝見でき、嬉しい限りです。

ちょっと、とぼけた鬼たちですが、皆様に福をお届けしますように(⌒‐⌒)

鬼はうち~
福もうち~

2009.01.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 展示会情報

英高級陶器の老舗「ウェッジウッド」破綻

朝食を食べながらニュースを見てて。
思わず箸を落とした。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090105-OYT1T00669.htm


ウェッジウッド破綻?!
え!?
ウェッジウッドだよ?


アメリカの証券会社が破綻した時も驚いたけど。
笑えることに規模がいかにそれより小さかろうと、
(曲がりなりにも)同業界だと、よりショックが大きい。


もちろん、色々あること(漠然とした言い方だけど)は理解してるけど。


破綻しちゃったんだ。。。
は~。。。

2009.01.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

小平珠恵

Author:小平珠恵
陶芸家

陶歴 
文化学院芸術専門学校卒業
加藤卓男・加藤幸兵衛 師事
出石トリエンナーレ入選

現在、子育てに奮闘中。
子育てを通じてさまざまな発見があり、楽しい日々を過ごしてます。

《お問い合わせ》
jyuko_kama@yahoo.co.jp

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。