スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

『和』-お茶のお稽古とかみの工作所-

お茶のお稽古へ

習っている年月だけは長いのですが、
展示会前になるといけなくなるので、正味どれだけ習っているのかしら?
自分でもわからない程なのです。

11月30日にお茶会があるので、
お茶の先生に特別に着付けも教えていただいてます。

最近は2時間はミッチリ着付けの練習をしてから、お茶のお稽古になります。
着付けはかなりハード!!ジムでベリーダンスを踊るより汗をかきます。
クッタクタ。。。

・・・でも、着物は楽しい!!
お茶は楽しい!!


お茶を一緒に召し上がりませんか?
今度から、陶芸教室でも最後にお茶を出しましょうか。

写真は始めて締めた帯。

着物は1つしか持ってない私ですが、
小物次第でどうとでも変わる着物は、
とっても素晴らしい日本の誇れる文化です。

今回は、帯揚げだけ新調しようと思ってます。
さて。。。何色にしようかな♪

20081030005430


『かみの工作所』の青山オープニングパーティーへ

以前、国立本店
http://honten.chub.jp/
こちらでのかみの工作所の社長さんや作家さんと
名刺交換をさせていただいて以来、毎度、案内状を送ってくださるのですが、
中々伺えず、今回念願叶って、ようやくお邪魔できました!!

盛況だ~!!
すごい人!!

だからというか、、、面白い!!
どれも素敵な作品ばかり!!

私も、早速購入~♪
私はHP右下の動物セット?を購入。


パッケージもおしゃれ!!(↓)
20081030005428


・・・皆さんはHPを見てください。
紙の創造性を追及している素敵な作品の数々。

陶芸の土と同様、可能性は未知です。
紙という身近な素材だからこそ、余計感動できます。
是非!!


《かみの工作所》
http://www.kaminokousakujo.jp/

スポンサーサイト

2008.10.30 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

原点

20081029233655


高校時代、美術部に所属してました。
その時に描いた油絵、そのような光景を、地元を散歩中に見つけました。

20081029233657


その油絵に描いた光景。。。
あれは確か、美術部の夏合宿で千葉の海に出掛けた時にみたはず。
そして、海に出掛けたはずなのに、
出来上がったのは皆に『ジャングル』と呼ばれた、
キリンやライオンが出てきそうと言われた、あの100号の油絵。

・・・まだ高校の壁にかかっているのかしら。

しかし・・・今となって思うこと。

身近で見たことがある光景だったから惹かれたのかしら?
私の中の物事は、引き出しは、全て地元に原点があるんだなぁ、と
今更さらながら発見した一日でした。

2008.10.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

初レセプション-現代美術館-

文字色現代美術館のレセプションに招待された友人に、
(ずうずうしくも)ついて行ってきました。
以前、江戸博で勤務していた時、スタッフとしては参加したけど、
来賓としてのレセプション参加は初。

まず嬉しかったのは、
現代美術館のキュレイター、長谷川祐子さんにお会いできたこと!
お初にお目にかかって実感したのは、テレビで見た通り、知的な美人です。感激!!
http://www.tamabi.ac.jp/iaa/profile/hasegawa.html
その彼女の司会で始まったレセプション。



今回はブラジル美術。
『ネオ・トロピカリア-ブラジルの想像力-』
http://www.neo-tro.com/japanese/main.html

これは日本ブラジル交流100年記念イベントの1つにもなっているということで、レセプションにはブラジル大使館の方も参加されてました。



以下の2つも同時開催

◆藤原 大+イッセイミヤケクリエイティブルーム&カンパナブラザーズ
http://www.bh-project.jp/jpn/event/data/color_hunting2008

◆森山大道と、ブラジルを拠点に活動するミゲル・リオ=ブランコ写真展
http://www.mot-art-museum.jp/kikaku/120/

そして、エントランスはオーストラリア人の作家
ルイーザ・ビュファルデチの作品が飾ります。
20081026102053



(個人的に)感動的な開会式後、
まずは腹ごしらえと立食会場へ。

ブラジル料理?というフライが多種並んでましたが、
あっという間になくなってました(苦笑)
それとワインとで一息つき、いざ展示室へ。

20081026102057
20081026102055



レセプションって素敵ですね~!!

作家に質問し放題!!
写真取り放題!
作品さわり放題!?
最高に楽しい~♪


通常の会期の時に比べたら人も少ないから、
ゆっくりとしゃがんだり、寝転んだり、着込んだり(笑)

現代美術って、やはり気の向くままに体験したり、
眺めたりできないと面白くない!!
・・と再発見した時間でした。



森山大道さんも、イッセイミヤケさんも、
目の前にしてみたら意外と小柄な人。
なんてジエントルマン!


何から何まで堪能した時間でした。

2008.10.26 | Comments(1) | Trackback(0) | 日記

将来のお仕事(私の宝物 2)

http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/jjw/top.html

『私のしごと館』
労働省が、小中学生向けに制作してるサイトです。

これ、結構面白いんです。
もし、違う道を選ぶとしたら?!
もし、小中学生に戻れるとしたら。。。
・・・別の道を歩みたいと思いますか?

是非☆バーチャルな人生楽しんでみてください(笑)

私は、もっとまじめに修行時代を過ごせばよかったと思いますが(苦笑)
陶芸家という道以外にはなりたいとは今は思っていません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ちなみに。。。
齋藤珠恵出演番組↓(笑)

http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/jjw/servlet/gaisetsu/jinbutsu?jobID=0000225


今は陶芸家という番組がありますが、
当時は陶磁工というものしかありませんでした。

それにしても、私だけ少しずれていると思いますが。。。。
(親知らずを抜いた次の日が撮影日で丸い顔が更に丸いです・・・)
それでも、飽きっぽい私が、10年前の夢をまだ見続けていることに、
我ながら感動したりしてしまう、初心に戻れる宝物です(#^.^#)

2008.10.15 | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

10月の陶芸教室

101_PANA-P1010169_P1010169_convert_20081013214313.jpg

気持ちよく晴れた秋晴れの一日。
前日、友人の結婚式のお祝い酒が残りつ、、、お仕事、お仕事!!


この日もランチから始まりました。

以前勤めていた会社の友人中心だったこの日。
楽しい思い出話に盛り上がりつつ、
焼きおにぎりを作るのを手伝ってもらいながらのランチ。
皆に協力いただき、美味しく楽しいものになりました~♪

101_PANA-P1010171_P1010171_convert_20081013214445.jpg

つづいて、制作風景。

みんな、それぞれに熱心に取り組んでました。
私は毎度のことながら、生徒さんの集中力に関心するばかり。
器用な人。建設的な人。赴くままに自由に制作できる人。
それぞれの特性がよく現れ、見ていて楽しいし、色々と勉強になります。


101_PANA-P1010181_P1010181_convert_20081013214834.jpg

そして、完成したみんなの作品!!
どれも素晴らしい出来栄えです!!
おつかれさま(*^^)v


101_PANA-P1010175_P1010175_convert_20081013215254.jpg

そして、この日はスペシャルデー♪
通常はここで解散ですが、夜の部へと突入!!

それぞれに色々とお持ちより頂き、
美味しく楽しい、幸せなディナータイムとなりました。

まきちゃんケーキ


そして、、、☆
来週、私がお誕生日ということもあり(汗)、
思いがけずもケーキも2つも頂き、優しい友人に恵まれた自分は
どれだけ幸せ者なのかと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

写真のケーキは毎月来てくださる常連の生徒さんが、
山から取ってきた栗を湯がき裏ごしし、こんな素敵なケーキに仕上げて持参してくれた力作☆
モンブラン~!
本当に美味しかった~♪
まきちゃん、ありがとう(#^.^#)
十分に手捻りができるようになってきたから、
次回からは轆轤にチャレンジしてくださいね!!

今回も私が十分に勉強させていただいた上、楽しませていただきました。
本当にありがとう☆

2008.10.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 陶芸教室

陶芸教室について

☆月1~2回 不定期で行っている陶芸教室について☆


ここでご紹介させていただきます。
※詳細は変わることはありますが、大体、以下のとおりです☆



時間       *12時~17時
集合時間と場所*12時に東武野田線鎌ヶ谷駅改札出た所(東武ストア前)
参加費      *2,500円 (ランチ付)
定員       *6名

お渡しする陶土は1人600gです。
それ以上陶土が必要な場合は100g200円でお売りします。
また残った土は次回ご利用ください。

上絵付けは行っておりませんが、下絵付けご希望でしたらしていただけます。
その際は別途、500円頂きます。
(絵付けだけでの参加の場合、参加費として1,000円頂戴します。)


☆備考☆
その1*軽いランチを用意してお待ちしてます。
その2*汚れても良い服で来てください。(着替え可)
      鉄や銅等が付着すると洗っても落ちないことがあります。
その3*車で来る方は予め連絡ください。
その4*新京成線 北初富駅より来られる方はご連絡ください。(徒歩7分)


10月の教室は定員を超えたので締め切りました。
今後の日程については、別途お知らせしていきます。
ご興味を持たれた方はご一報下さい。

よろしくお願い致します。

2008.10.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 陶芸教室

志村博氏ブログでご紹介頂きました

写真家であり、版画家の志村博氏が、
FALLでの個展の初日に来て下さいました。
志村氏はいつもお忙しい人で、明日はイギリスに帰るというのに。。。

その上、ありがたいことに志村氏ブログでご紹介を頂きました。

http://diary.jp.aol.com/gksyhj/26.html


志村さんはイギリスに永住権を持ち、
イギリスと日本とを行き来しながら制作されてるパワフルな方。


(当然なのですが、、、、、)
志村さんの写真はとっても繊細で素敵です。
イギリスの風景や空の写真。
そして、その空気までが伝わってくるようです。

本当にとっても素敵なので、是非、のぞいてみてください!!!


【志村博ブログ】
http://diary.jp.aol.com:80/ffzuhxwpubbf/

【志村博HP】
http://www.shimura-hiroshi.com/

2008.10.09 | Comments(1) | Trackback(0) | 展示会情報

げんこつ

ご存知ですか?
『げんこつ』


20081007003705


おばあちゃんのおやつ。
飛騨高山なんかでも売ってるかな。


修行時代、修行先の敷地内にある工場に遊びに行くと、
工場のネエサマ(年配の女性をこう呼ぶ)から、お手製のげんこつをよくもらった。
(子供がおばあちゃんにおやつを与えられたあの光景そのままをご想像ください♪)

きな粉と水あめで練上げた素朴なお菓子。
駄菓子の類ですね。

これ、大好物なんです!!

日曜日お会いした岐阜の作家さんのお母様が作られた
げんこつをお土産に頂いて、かなり幸せになった私。
しかも頂いた、このげんこつは、
高級バージョンでナッツがはいってます♪
しあわせ~(*^^)v




日曜日は、ハードでした☆
土曜日は体が動かなかったので一日のんびりしてましたが、
そのせいでかなりハードになってしまった(苦笑)

20081007003707

20081007003709


来年の夏の展示会の打ち合わせ

友人のゴスペルコンサート

日本伝統工芸展へ

新宿伊勢丹 岐阜時代の知人の個展会場へ
(知人といってよいのか、師匠のお友達ですが。。。)

その後、この知人と中国景徳鎮旅行の話で盛り上がり夜は深け。。。



そんなバタバタの中でも、
初めてお会いした方から長年のコンプレックスが吹き飛ぶようなお言葉を頂いたり、
げんこつもらったり。
友人の最高のパワー溢れる歌声を聴いたり。
本当に楽しく、幸せで、
自分からあふれ出すくらいのHAPPYに、どうしたらよいのか、わからなくなった一日でした。


こうゆう日があるから、また頑張っちゃおうと思えるんですよね♪
本当にありがと~!!!

2008.10.07 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

きいろいはな

20081006003739



私は、美濃焼から発展した作品を作ってますが、
ひとつの型にははまらず、色々冒険したいと思ってます。
(とはいえ、全てにおいて影響を受けてるのは明らかですが。。)

この「きいろいうつわ」は、ちょっと冒険したもの。
私の作品の中では、もっとも可愛らしいものになります。
向日葵が満開の頃に作った作品。


…何を盛ろうかな。
冬瓜とか、胡瓜とか?
逆に南瓜でも面白いかもしれない。
赤いトマトも似合うかな。マリネとか?

次回の陶芸教室でお披露目しようかな。


20081006003742



話しは飛びますが,,,

美濃焼きといえば。
週末は美濃一帯で陶器祭が催されていたらしく、
お祭りに合わせて窯を焚いたようで、
兄弟子から懐かしい、薪窯焼成光景が送られてきた。

本当に懐かしい!!
この薪の束の上で寝たり、薪割りをしたり。。。
さすがに住宅地では薪窯はもてないので、中々焚くことはできません。
でも、一番血が騒ぐのは、やはり薪窯です。

写真の状態は還元入後の風景。
窯の中は1300℃程。

火の粉が上がり、その勇壮な火の姿にひれ伏したくなる瞬間。
火の美しさに魅了され、興奮する瞬間。


とりあえず。
バーベキューでもいいから、火がみたい!!
・・・と思った私でした (笑)。

2008.10.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 作品紹介

宝物

宝物はありますか?


私はこれ↓
すべて、美濃時代の陶片です。

退職金を叩いて購入した骨董。陶片。
(この他、先生の三彩の作品と自筆の絵画が贈られた)


・・・それ自体狂ってますか。

焼き物馬鹿。。。。て何?!
私もそのくくりにはいるのかな(笑)

でも、すべては現代では焼成不可能な土と灰にて焼きあがったもの。
こんな土、釉薬、焼成は再現不可能。

昔は豊かだったのだな・・・。
資源も文化も・・・・。


手にとっては、わくわくする宝物です。


101_PANA-P1010152_P1010152_convert_20081004211353.jpg

2008.10.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

小平珠恵

Author:小平珠恵
陶芸家

陶歴 
文化学院芸術専門学校卒業
加藤卓男・加藤幸兵衛 師事
出石トリエンナーレ入選

現在、子育てに奮闘中。
子育てを通じてさまざまな発見があり、楽しい日々を過ごしてます。

《お問い合わせ》
jyuko_kama@yahoo.co.jp

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。